SFAを選ぶ際のポイントを整理

SFAは、営業やマーケティングの日々の業務において、情報を集約できるだけでなく、探す手間、案件の進捗の管理・共有ができる魅力があります。
他には、脱属人化などで検討しているケースもあるのではないでしょうか。
でも便利になるのに導入していないのなら、ITリテラシーが低いから、そうした声も耳にします。
例えば、商品・顧客マスタなど、各システムがバラバラならば、ログインしたり検索したり、まとめたデータ出力など手間も掛かります。
面倒くさい、入力ミスで商品名が間違っていたり、セキュリティにも関連するであろう顧客名までが間違っているケースもあり得る問題です。
社内システムの刷新も増える中、新たなシステムやサービスを導入するにも、やはりSFAがバックアップしてくれるはずです。
選び方が要、先に述べたように、営業支援システムを導入したものの、定着しないことがあります。
だからこそ、導入企業数やサポート体制もチェックしたいものです。
価格に関しては、得られる効果との兼ね合い、使い勝手も要ですが、カスタマイズでカバーしましょう。
適したシステムであれば、変更や追加も楽々、拡張性がカギです。
他のツールやシステムと連携できるのは、長年利用する想定で選択するのならポイントです。

SFAとは
SFA導入で顧客情報の管理がもっと楽に!

最新記事